家の廊下

探し方

新生活を始めるために賃貸マンションを探す方法は多くあります。
それぞれ特徴があるので、紹介します。

・不動産屋に行く
直接不動産に行って物件を紹介してもらうという方法です。ただ、不動産というのはどこでも良いというわけではありません。住みたいと考えているエリア、その近郊の不動産です。直接行くことで、営業さんに色々と教えてもらいながら物件を紹介してもらうことができます。

・情報誌
駅やコンビニなどの目につきやすい場所にフリーペーパーが設置されています。無料で手に入れることができます。1週間に1度のペースで発行されている事が多いです。ただし、物件というのは常に動いているので、情報誌に物件が紹介されていても問い合わせをした段階で契約が決まってしまったという場合があります。

・インターネット
不動産サイトでは、取り扱っている物件を紹介しています。内容は随時更新されているので、新しい情報を得ることができます。また、複数の写真から物件について知ることができます。気になる物件があれば、内覧予約をすることができます。また、SNSでも不動産情報が配信されているので、気軽に確認することができます。

・自分の足で
住みたいと考えているエリアに直接出向いて、気になる物件を探します。建物周辺に「入居者募集 問い合わせはこちらまで」といった看板があるので、気になる物件があれば問い合わせます。そうすることで、管理会社や不動産が駆けつけて、その場で内覧をすることができます。ただし、管理会社の営業時間や状況によってはすぐ対応してもらうことができません。

様々な方法を利用して、自分が住みたいと思う物件を見つけましょう。
賃貸マンションの空室状況というのは動きが激しいので、良いと思った数時間後には他の人に契約されていることがあります。
そのため、賃貸マンションの契約はタイミングが重要です。